読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平日WEB系SE 週末時々自転車屋

WEB系の技術ネタや大好きなお酒、週末手伝う自転車屋の話などを書きます。

自転車のリコール情報はどうやって調べるべきか

昨日テレビのニュースでも取り上げられていたので知っている方も多いと思いますが、パナソニックの電動アシスト付き自転車のバッテリーのリコールが発表されました。

 

sec.panasonic.co.jp

 

自転車自体ではなく、バッテリーの不具合で発煙・発火に至る可能性があるそうです。

 

自転車のリコール情報は経済産業省のサイト上で見られる

自転車のリコール情報ですが、下の経済産業省のサイトで確認できます。

リコール情報 : 製品安全ガイド

 

パーツメーカーのリコールを載せられても分からない

ただ、こちらのサイトに載っているのは自転車本体だけでなく、自転車に使われているパーツも載っており、パーツメーカーのリコール情報として載っているので、自分の乗っている自転車が対象なのかよくわかりません。

 

例えば、2015年6月29日に公開された SR SUNTOUR JAPAN(株式会社栄技研)のサスペンションフォークのリコールですが、経済産業省のホームページでは対象となる自転車が分かりません。

リコール情報: 製品安全ガイド

 

※因みにこちらのメーカーの場合はメーカーのサイト上に対象のメーカーと車種が掲載されていました。(pdfファイルです)

http://www.srsuntour-cycling.com/fileadmin/user_upload/Downloads/Consumer/Recall/Fixingbolt/URL-%E8%87%AA%E4%B8%BB%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB(%E7%82%B9%E6%A4%9C%E4%BF%AE%E7%90%86)-07-13.pdf

 

これではなかなか一般の方には自分の自転車がリコールの対象なのかわかりません。

 

自分の乗っている自転車のリコール情報を調べるにはネット?

そこで、自分の乗っている自転車のリコール情報を調べる方法として最初に行うのは自転車メーカーのサイト上で調べるです。

 

例えば、先ほどの前ホークのリコールですが、ブリヂストンサイクルのサイト上に重要な情報として掲載されています。

 

<オルディナ M3をご愛用のお客様へ> オルディナM3採用SRサンツアー製サスペンション付前ホーク 無償交換のお願い|重要なお知らせ 2015|ブリヂストンサイクル株式会社

 

しかし、対象車種のあるミヤタサイクルやあさひのサイトでは見つけることができませんでした

ここら辺は企業の姿勢が問われる部分なので分かり易く迅速に情報公開はしていただきたいです。

 

買ったお店で聞く

リコールは修理が必要な場合が多いため、メーカーから自転車販売店には直接リコール情報が来ます

買ったお店に聞くのが一番確実です。

うちの自転車屋でも数年前にリコールがあった際にメーカーから案内が来て対応しました。

お得意さんの場合は大体把握しているのでこちらから電話もして対応しましたし、他の修理で寄った時に一緒に対応した場合もありました。

 

買ったお店が遠い位場合は持っている自転車と同じメーカーの専門店で聞く

買ったお店が遠い場合(ネット購入の場合含む)などは持っていくことも難しいので、近くの同じメーカーを取り扱っているお店に行くしかありません。

 

ただ、何故か自転車屋のオジサンって偏屈な人が多く、無愛想な場合があるので他の修理のついでに聞くなどした方が良いかもしれません。

※いきなり知らない人が来て、おたくの取り扱っているメーカーのリコール情報でていませんか? と聞かれてもあまり良い気分はしないのは事実なので

修理中の雑談で聞けば大抵教えてくれると思います。

 

行きつけのお店を作って、そこで自転車を買うのが一番確実な方法かもしれません。